世界最大級豪華客船が長崎寄港!スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

スペクトラム・オブ・ザ・シーズが長崎港に入港! 長崎まちネタ
スポンサーリンク

本記事には[PR]プロモーションが含まれております。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)が長崎港に入港いたしました。

Wednesday, September 27, 2023
Spectrum of the Seas, a luxury cruise ship owned by Royal Caribbean, has entered the port of Nagasaki.

スポンサーリンク

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)

松が枝国際ターミナルに着岸したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)

2023年9月27日(水)

着岸時間:7時
離岸時間:20時

16万トン級の豪華客船スペクトラム・オブ・ザ・シーズには多くの乗客が乗っており、寄港地では外国の方々で街の雰囲気も大きく変わります。

そのような街並みを見て回るのもひとつの楽しみだと思います。

豪華客船スペクトラム・オブ・ザ・シーズは2024年5月に寄港が予定されています。


ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが保有するスペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)は16万トン級の超大型の豪華客船です。

女神大橋の下を通過して長崎港に着岸できる客船としては最大級。

◯◯◯・オブ・ザ・シーズは凄すぎます!

スポンサーリンク

長崎水辺の森公園からの眺め

長崎水辺の森公園横の歩道から見たスペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)
長崎水辺の森公園横の歩道から見たスペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)

あまりの大きさにハトもビックリ!

岸壁でくつろぐ乗客の方々
岸壁でくつろぐ乗客の方々

もはや日本ではないような感じがします。

白い船体がとても美しいです。
白い船体がとても美しいです。
ギネスにも認定されたカプセル型の展望施設「ノーススター」
ギネスにも認定されたカプセル型の展望施設「ノーススター」

海上から90メートルの眺めはどのような感じなのでしょうね。

正面・真横・斜めから見ても美しいスペクトラム・オブ・ザ・シーズですが、女神大橋や鍋冠山展望台などの高台から見ると凄さを実感できると思います。

展望デッキが凄いです。

スポンサーリンク

グラバー園からの眺め

グラバー園(第2ゲート)から見たスペクトラム・オブ・ザ・シーズと長崎の街並み
グラバー園(第2ゲート)から見たスペクトラム・オブ・ザ・シーズと長崎の街並み

16万トン級ともなると長崎の街自体が小さく見えます。

黄色い球体がとても目立ちます。

屋上デッキだけでもVRゴーグルを装着して宙を舞うバンジートランポリン(黄色い球体)やロッククライミング・サーフィンプール・スカイダイビングなどアクティビティが充実。

ギネスにも認定されたカプセル型の展望施設「ノーススター」

アームが海上から90メートル地点まで上がり旋回もするようです。

グラバー園の定番撮影スポットも豪華に!
グラバー園の定番撮影スポットも豪華に!

豪華客船が入港した際にはグラバー園から見るのがオススメです。

船舶データ

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)船舶データ
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)
船名スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)
船籍キプロス
総トン数(t)169,379
全長(m)347.1
乗客定員(人)4,246
乗組員数(人)1,551
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ(Spectrum of the Seas)船舶データ

ロイヤル・カリビアン・クルーズ日本語公式サイト


長崎港に寄港予定のクルーズ客船情報は長崎港ホームページで確認出来ます。

長崎港の様子を知りたい場合は以下のライブカメラで確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました